南国土佐の太陽の恵みを
メガソーラー発電事業で地域の未来へ活かしたい

そんな思いから、2013年3月、自社の所有地である高知県安芸郡芸西村の土地に、1.6メガワットのメガソーラー発電所「サンライトミタニ電力・発電所」を建設。翌月から発電事業をスタートさせました。自社の土地に自社建設のメガソーラーを設置したのは、県内で当社が初めて。メガソーラー発電所に最適の立地条件も揃い、年間発電量は想定で180万キロワットアワー。地域へのクリーンエネルギーの供給だけでなく、災害時の緊急用電源や避難所としても活用できるよう整備を進めています。

 

施設名称
サンライトミタニ電力・発電所

所在地
高知県安芸郡芸西村西分乙

施主
有限責任事業組合 サンライトミタニ電力

発電事業者
(組合員)
株式会社ヤイロ商事

ミタニ建設工業株式会社

サンコウ建設株式会社

施工業者
ミタニ建設工業株式会社

宮地電機株式会社

不二電気工芸株式会社

発電出力
1,626kW(≒1.6メガワット)

年間発電量(推定)
180万kWh
※一般家庭の約500世帯分の年間電力を賄える規模(一世帯当り3,600kWhで換算)

敷地面積
平地約23,500㎡(約7,100坪)

太陽光パネル
6,720枚(京セラ242W)

パワコン
SMA500KVA×3台

発電開始日
平成25年 4月10日(水)

総投資額
約5億円

年間売電収入(推定)
40円×180万Kw=7,200万

固定資産税
土地:20年間 約3,000万円

償却資産:20年間 約4,000万円

合計 約7,000万円

地元の学生を対象とした体験型学習会なども行いました

写真:体験学習会の様子(1)
写真:体験学習会の様子(2)

写真:体験学習会の様子(3)

ページ上部へ