太陽光発電事業開始には、正しいノウハウを持つプロのサポートが不可欠です

安価な初期投資額や高い回収率に要注意!

産業用太陽光発電システムを設置する業者の中には、土地付けの場合でも造成費用を計上せず、単純に1kW当たりの設置単価で初期投資額を表示しているところも。 また、借入金利や固定資産税、メンテナンス費用などのランニングコストを算出せず、初期投資額を売電収入で割り、高い回収率を謳う例もあり、注意が必要です。

設置する時、設置後の対応を厳しくチェック

太陽光発電システムを設置する場合、土地の状態や条件に適した機器を選ぶことが重要。 また、設置後のメンテナンスは少ないものの、定期的な点検や手入れも必要です。 そして、それでも万が一不具合や故障が起こった時に、すばやく誠実に対応してくれる業者かどうか、厳しい目でチェックすることを忘れてはいけません。

難解な申請手続きは、プロにまかせて安心

太陽光発電システムを設置し売電を開始するには、四国電力への連系申請、経済産業省への設備認定申請が必ず必要です。 また、銀行で借り入れを行う際や、システム導入後に減税を受ける際にも、専門的なアドバイスがあると安心。 これらの難解な申請や手続きをサポートしてくれる業者を選びましょう。

メガソーラー 関連
ミタニ建設工業 関連

ページ上部へ